スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
オーリィがおうちに来て二週間が経ちました。
もうすっかりピッピにもトムにも慣れることができましたひよこ
あ、もちろん、チビィとは・・・泣き顔
でもなんとか、オーリィも『自分の位置』を確保できるようになってきていましたキラキラ


そんなとき、オーリィを保護してくれた淳子ちゃんの家で大事件が勃発していましたbikkuri01


自分にこれから大災難がふりかかるとは夢にも思わぬオーリィ…。
あどけない顔をして 我が家のアイドル をしています。

オーリィ021


さあ、これからどうなる!? オーリィ汗




淳子ちゃんちで勃発した大事件とは…
コレです
bikkuri01
キャンディクッキー001



この続きは、題名を変更して(笑)お送りしま?すイチゴ




オーリィ022

暗雲立ち込めるオーリィの未来
でも一応 『オーリィがおうちに来たときのこと』 の無事(笑)の完結 にポチポチッとお願いします。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ



スポンサーサイト
未分類 | コメント(14) | トラックバック(0)
オーリィがおうちに来て 10日くらい経ったその頃には かなりおうちにも慣れてきました。
トムもオーリィのそばに居てくれるようになりました。


トム003



でも…チビィ女王様は、やっぱりちょっと気に入らない。

チビィ006


オーリィを寄せ付けないまま、日々が過ぎてゆきました。

そんな時こんな事件がありました。
話せば長くなるんですが…(いつものことですけどね)。




我が家では、ずいぶん前から、夜中のご近所一周の猫散歩をしていました。
その当時のお散歩メンバーは ピッピとチビィと、隣の家に移籍を希望して隣の子になっていたジョン太。
三猫&一人で、一周100メートルくらいのコースを15分ほどかけて歩きます。
猫たちは近所のおうちのお庭に不法侵入(笑)しながらのんびりマイペースで歩きます。
でも、他人の家の前で 一人で猫たちの帰りを待つ私は、かなり怪しく見えるだろうなあ?…と思いながらも 猫たちがお庭の見回りを終えるまでじっと待ちます。
たまに通行人がいたりなんかすると、ジョギングしてる人のふりまでします。

オーリィもそろそろお散歩デビューかな?…なんて思った私は、おうちにきてからまだ病院以外 外に出したことのないオーリィを散歩に連れ出すことにしました。

オーリィ020

でもまだ離して歩かせたらどこに行っちゃうかわからないので、オーリィだけは抱っこして連れていきました。

ピッピもチビィもお散歩のときは上機嫌です。
私と一緒に足並み揃えたり、先回りして振り返ったり、遅れがちになるとおしりフリフリしながら歩きます。
オーリィも抱っこされながら夜風に当たって気持ちよさそげです。
ゴキゲンなチビィを見て、わたしはふと
「今なら チビィもオーリィを受け入れてくれるんじゃないかな?」
と思いました。
そして、そばに走ってきたチビィの顔の近くに、
「オーリィだよ?。よろしくね?♪」…とオーリィを抱っこしたまま差し出しました。
オーリィも嬉しそう。

その瞬間




   痛烈な 猫パンチ怒


驚く


チビィは怒って スタスタ 先に歩いていってしまいました。

オーリィは、恐怖におののいてブルブル震えています。

私は…自分の浅はかさに……

もうがっくりです。がっくり

チビィとオーリィは、以前の記事でも書きましたが…今でもしっくりいきません。
それは、ひとえに…この事件のせいなのです。


ううう…大泣き オーリィ、本当にごめんね。

オーリィ019


かわいそうなオーリィにポチポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

未分類 | コメント(9) | トラックバック(0)
だんだんと 新しいおうちに慣れてきたオーリィ。
探検も広範囲におよびます。

この日はちょこっと開いていた食器棚に入り込み、スープ皿におすわり。
うふふ♪小さかったんだなぁ?。


オーリィ017



ソファーの陰に隠れながらのリボン遊びもお気に入りですキラキラ

オーリィ019




何日か経つうちに、ピッピにはこのくらいの距離に居させてもらえるようになりましたハート
何気にポーズも一緒。
ピッピおにいちゃんに まねっこまねりんのオーリィです。

ピッピオーリィ003




トムもやっと二階から下りてきてくれました。
でも、まだ遠くから観察中絵文字名を入力してください


トム002




チビィ女王も二階から下りていらっしゃいましたが……
「ワタクシ、ちょっとストレスですわうるうる涙

チビィ005

なんだかお顔がちょっとおやつれになられたような…汗;



そうこうしているうちに、淳ちゃんからいただいた目薬・飲み薬カプセルが残り少なくなってきたので、これからお世話になる獣医さんに、怪我をしている左目を診ていただきました
獣医さんによると、眼に突き刺さったものが眼の奥にある膜に達し、抜けるときにその奥の膜を一緒に引っ張りあげて角膜に癒着させた…とのこと。
確かにオーリィの眼を横から見ると、引っ張り上げられた膜が見える驚く
これを治すには手術が必要で、かなり難しいらしい。
でも、オーリィは、眼球の上に白く癒着してしまった部分は見えないけれど、それ以外のところで見ることは出来るから不自由はないでしょう…とのこと。
成功率の低い手術をして、これ以上つらい思いをさせることもないと思いますよ…と言われ、オーリィが見ることに不自由しないなら よしとしよう…ときゃんぱぱと決めました。
でも目薬はまだ当分必要だそうなので、投薬を受けて帰ってきました。

さあ、さっそく目薬さすよ!
左目がぱっちり開くまで、がんばろうねローズ



オーリィ016


うん、ボク、目薬がんばるよ。



オーリィ018


左目(向かって右)の白くなってるとこ、皆さんにも見えるかな?



目薬頑張るオーリィにポチポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

未分類 | コメント(10) | トラックバック(0)
オーリィがおうちにきて初めての日。
めぐちゃん・むっちゃんと一緒にねんねしてもらいました。

オ?リィは安心していたらしく、よく眠りました。

そして目覚めスッキリ

朝からおうちの探索が始まりました。


オーリィ011

テレビのうえに乗ってみたり…


キッチンの上も探検

オーリィ014

なんだか オーリィはキッチン用品と同化しています。

オーリィ015



その時すでに4ヶ月弱まで成長していたので、階段もトコトコ上がります。

階段に置いていた、二階に避難した3猫のためのごはんもすぐ発見
カリカリカリカリ…と食べちゃいます。


ごはん、なくなっちゃったよ?

オーリィ012



これはオーリィのごはんじゃないよ?



オーリィが探検をしていると…
二階から ピッピ が様子を見に下りてきました。

一瞬緊張するオーリィ。

でも、甘えたいのか、じりじりとピッピに近づいてゆきます。


ピッピオーリィ001



シャ?
ピッピオーリィ002


あ?あ、怒られちゃったね。

でもピッピは、オーリィが居ることを承知でそれからも一階に居続けました。

トムとチビィは、二階からまったく下りてくる気配ナシ

でも、この分だと、ピッピが案外早く慣れてくれるかも
心の中で バンザ?イ と叫ぶ私です




ピッピの傍には行けないものの、オーリィも大人の猫が居て嬉しそうです。

早くピッピに仲良くしてもらえるように頑張ろうね、オーリィ。



オーリィ013



頑張るオーリィに、ポチポチッ とお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
さてさて、子猫ちゃんのおうちまでの旅もそろそろ終わりに近づいてきました。
仕事を終えて子猫ちゃんが来るのを待っている、むっちゃんのお姉ちゃんのめぐちゃんに「もうすぐ着くよ?!おうちに来てね?♪」と連絡し、眠ってしまった子猫ちゃんをキャリーバッグにそぉ?っと入れて準備万端整いました

キキ?ッ!
おうちに到着で?す。

さあ、3猫たち、頼みますよ?!…と祈る気持ちで子猫ちゃんと共におうちの中へ。

3猫たち…。
寝てる。
「ただいま?。」
「あ、お帰り。遅かったね。」
あ…子猫にぜんぜん気づいてない。

猫の飼い方の本の、新しい猫を迎えるときは…に書いてあるとおり、リビングの端っこに子猫ちゃんのキャリーを置き、様子を見ながらそっとキャリーバッグのドアを開ける。
あぁ、ドキドキするぅ

子猫ちゃんは、なんとなく不安そうな様子でキョロキョロ。
3猫は…あ気づいた

起き上がった3猫。
キャリーに近づく。
う???!!緊張の瞬間です

怪訝そうな顔つきで3猫次々とキャリーに近づく。
「なんだ?これ」
そして…なにげな?く 3猫全員二階に上がって行ってしまった。

ありゃりゃのりゃ。
あんなに頼んでおいたのに。
ま、フーッなんていわれなかっただけいっかぁ?

3猫が二階に上がっちゃったので、緊張感がホッとした空気に変わります。
初日だから、こんなもんだよね、やっぱり


その時めぐちゃん到着
「きゃ?これがオーランド君ですねっっ!」…とナデナデ抱っこ抱っこ
むっちゃんとともに子猫ちゃんに夢中です。

「オーランド、ごはんとお水はここだよ?。
トイレはここだよね。オーリィ011
爪とぎの場所はここ!
オーランド、こっちおいで?!」
子猫ちゃんもお部屋に少し慣れてきてだんだん行動半径を広げてゆきます。オーリィ012


しかし…。
オーランドって呼んではみているけど…。



呼びづらい


どうしよう。今更名前変えるのもねぇ?

あっ
インターネットで オーランドの愛称を見てみよう

カチカチカチカチ
えいえいえいえい

あ?わかったぁ 


オーリィだよ!

「オーリィっていうんだぁ
「きゃ? オーリィって可愛いよ?
「それなら呼びやすいよ?

…というわけで、子猫ちゃんの名前は


本名 → オーランド
愛称 → オーリィ

ということになりました。


オーリィ、ここがこれからはあなたのおうち。
もう雨に濡れて寒い思いもさせない。
ひもじい思いもさせない。
怖い思いもさせないよ。
パパもママもお姉ちゃんたちも、猫のお兄ちゃんお姉ちゃんもいるよ。
もう淋しくないからね。
怪我もじきに良くなるよ。
これから幸せに暮らそうね。
ずっとずっと一緒だよ。


「そうだよ!ずっと一緒
お姉ちゃんたちが、今日は泊まってあげるからね。一緒に寝ようね?、オーリィ

はいはい
めぐちゃん、むっちゃん、ありがとね

こうして初日の夜、オーリィは めぐちゃん・むっちゃんと一緒にねんねしてもらいました。
よかったね、オーリィ。

さて二階に上がった3猫たちはどうしているかしら。
仲良くしてくれるかな。


オーリィはこれから3猫に受け入れてもらえるか!?
ドキドキの私に(笑)ポチポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログへ

ランキング


未分類 | コメント(7) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。